治療方法

2019年2月2日
ブラケット矯正

歯にブラケットを装着し、そこにワイヤーと通すことで歯並びをキレイにしていく一般的な矯正装置です。
金属の装置が気になる方は、ブラケットやワイヤーが透明で目立ちにくいものもありますのでお気軽にご相談ください。

裏側矯正

裏側矯正とは、通常歯の表側にブラケットとワイヤーを装着するところ、歯の裏側(舌側)に装着する矯正方法です。
装置を歯の裏側に装着するので目立ちにくいです。
装着してすぐは発音しにくいと感じる方もいらっしゃいますが、慣れてしまうと気にならなくなります。当院の裏側矯正にはカスタムメイドリンガルブラケット装置(※インコグニト)を使用可能です。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

マウスピース矯正は、取り外し可能な透明なマウスピースを着け、1~2週間毎に新しいマウスピースに交換していきながら、歯並びを整えていきます。