pediatric
ortho
小児矯正

小児矯正とは?

将来のため、キレイな歯並びに

上顎の歯と下顎の歯がきちんと並んでしっかり噛み合った歯並びは、食べ物をよく噛め、歯みがきなどのお手入れも行いやすく、虫歯や歯周病にもなりにくいのです。
そして、きれいな歯並びであることで笑顔に自信が持て、いつも明るく過ごせるのではないでしょうか。
きれいな歯並びのためには、子どもの頃からのお口の管理が大切です。

例えば、指しゃぶりや爪噛みなどの癖が長く続くと大人の歯並びにも悪い影響を及ぼします。乳歯の反対咬合は永久歯の反対咬合へつながります。 また、乳歯のころからきゅうくつな歯並びはマウスピース等で少しずつ顎を大きくしていくことが、きれいな大人の歯並びにつながります。
また、早くから矯正治療を始める事で、将来の抜歯の確率を減らす事も期待できます。

こんな症状ありませんか?
  • 前の歯が
    出ている

  • 前の歯が
    噛み合わない

  • 噛み合わせが
    深い

  • 下の歯が
    出ている

  • 歯と歯の間に
    隙間がある

  • 歯が凸凹
    している

  • 部分的に
    噛み合わせが
    反対になっている

歯並びが悪くなる原因

遺伝的な要因と後天的な要因の
2つに分けられます。

歯並びに大きな影響があるのは遺伝的な要因ですが、悪い歯並びは多くの原因が相互に影響しあい成長の中で現れます。

1遺伝的な要因

  1. 歯の大きさ・形
  2. 歯の生える時期
  3. 骨の発育

2後天的な要因

  1. 乳児の虫歯・脱落

    乳歯の時期に虫歯などで、自然に永久歯と生え代わる以前に乳歯を抜いて、その後適切な処置を受けずにそのまま放置した場合。

  2. 指しゃぶりなどの癖

    指しゃぶりや頬杖をつくなどの悪い習慣を続けて、顎の骨が変形してしまった場合。また、噛む力や噛みくせ、舌や唇の癖なども原因となります。また口呼吸も歯並びや顔面の発育に多くな影響があると考えられています。

噛み合わせが悪いと

歯並びが悪いと、単に見た目の問題だけでなく、いろいろな問題が生じてしまうことがあります。

  • 虫歯や歯周病になりやすい
  • よく噛めない(咀嚼障害)
  • 発音障害を起こす
  • 顎関節症を誘発する
  • 顎変形症を誘発する
  • 顔のかたち(顔貌)を悪くしてしまう
  • 心理的にコンプレックス(劣等感)の原因となる
  • 他人に対する印象に不利となる

始める時期は? どんなメリットがあるの?

6歳から8歳の初期治療

上の前歯が上顎の前歯が入れ替わる時期に重なったり斜めに生えてきたら、上顎をきちんと広げて前歯を並べておきます。この頃は顔の幅が出来上がって行く時期で、その際前歯が生え変わる場所が十分にない場合、上顎の幅を広げてバランスを取って行きます。「初期治療」が終わったら、観察期間に入り、永久歯列期の治療がスムーズにできる様に準備をします。

10歳から13歳の包括治療

最後の乳歯が抜ける少し前から、永久歯列をきれいにするための包括治療を行います。
包括治療とは一本ずつ歯を動かし、綺麗なアーチと正しい噛み合わせを作り上げる治療です。

小児矯正のメリット

早い時期にお子様の噛み合わせに
目を向けてあげると
たくさんのメリットがあります

1治療後の仕上がりがよくなります

2歯並びが悪くなる可能性を減少できます

3顎の変形予防になります

4外科手術の可能性が減少します

5非抜歯での治療の可能性が上がります

6矯正装置をつける期間が短くなります

7歯や顎への負担を減らすことができます

8コンプレックスの解消にもつながります

治療方法

床矯正

床矯正のほとんどは、装置に着いているネジを回して徐々に顎を広げ、歯を動かしていく矯正装置です。床矯正は自分で取り外しができてしまうのでお母さんの努力や本人の努力が必要です。

MFT

MFTとは、口のまわりの筋肉を強くしてバランスを整え、正しく機能させるものです。矯正治療前や矯正治療と並行して行うことで、治療がスムーズに進んだり、場合によってはMFTだけで歯並びが治るケースもあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)

ワイヤーを使うことなく取り外し可能なマウスピース型の装置でお子様の歯並びをキレイにしていきます。今までは永久歯列に近い時期からしか使用できませんでしたが、マウスピースの誕生により混合歯列期の6歳頃から使用することができるようになりました。
※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

治療費

初診相談 4,700円
検査 47,000円
診断料 9,400円
基本料金 ただいま準備中です。
処置料金 4,700円

※保険適応外の治療です。

医療費控除

美容目的でなく、歯科医の診断で病名がつけば医療費控除が受けられます。
医療費控除とは、自分や生計をともにする家族や配偶者が1月1日~12月31日に支払った医療費が10万円を超える場合、 決められた計算式で出した額を確定申告すると、その年の所得から差し引いてもらえるという還付制度のことです。申告する際は歯科医師からの診断書や治療費を支払った時の領収書などが必要になるので、忘れず保管しておきましょう。
また、申告するのをうっかり忘れた場合でも、過去5年にさかのぼって申告できます。

結果、1割近くの医療費が戻ってくることに!
詳しくは税務署や税理士、公認会計士などにお問い合わせください。

高額療養費制度

手術や入院などで高額な医療を受ける場合には、医療費の自己負担が高額になる場合が多々あります。
そのような場合に、家計の負担を軽減させるための措置として、自己負担限度額を超えた分の医療費が返還される制度があります。
自己負担限度額は、それぞれ個人の年齢、世帯、所得状況に応じ、高額療養費の支給額は、 1ヵ月に医療機関に支払った自己負担額から自己負担限度額を差し引いて決まります。

お支払方法

現金または下記クレジットカードが
ご利用いただけます。

Diners / Amex / VISA / Master / JCB / DC / UFJ / MUFG / NICOS