アイル矯正歯科

岡崎市で歯並びのご相談は矯正専門医院のアイル矯正歯科へ

アイル矯正歯科

無料メール相談

スタッフみんなで勉強をしてきました

少しずつ暖かくなり、過ごしやすくなってきましたね。
それとともに、花粉症の方にとってはつらい季節です。
今までは花粉症じゃなかった方でも、今年の大量の花粉によって、
花粉症デビューされる方も多いそうです。
マスクを着用するなど、少しでも花粉に触れないよう、
お気を付けくださいませ。



さて、昨日は朝から岡崎市のげんき館に行ってまいりました。
岡崎市保健所が主催の「平成30年度地域歯科保健推進研修会」に参加するためです。





今回のテーマは『口腔と全身との密接な関係 舌を鍛えて健康になろう!』です。


舌の主な役割として、
「味覚・嚥下・発音・歯ならび・呼吸」が挙げられます。
どれも私たちが生きていくうえで大切な事ですね。

色々なお話を聴かせていただきましたが、私は矯正専門医師ですので、
今回は歯ならびについてお伝えさせていただきます。


最近は舌の筋肉が弱い方が多くいらっしゃいます。
実はあまり知られていませんが、舌の筋肉が弱いと、
幅広くきれいなアーチ状の歯列を維持することが難しくなるのです。


その結果、歯列(歯の並んだアーチ)の幅が狭くなります。
歯列の幅が狭くなると、舌が後方(のどの方)に追いやられるため、
呼吸が苦しくなります。
その結果、「酸素不足」が引き起こされるのです。


この酸素不足というのはとても問題です。
特に子供たちですと脳も身体もどんどん成長していきます。
その成長期に酸素が不足しては大変です。


酸素不足による弊害として、
・寝起きが悪い
・昼間、ボ~としてしまう
・まぶたのたるみ
・鼻炎
・喘息
・アトピー
・姿勢が悪くなる
・落ち着きがない子になる
・頭痛(片頭痛)
・冷え性
・口呼吸の原因
・その他・・・

このような問題が引き起こされます。

想像以上にたくさんの問題の原因になっている事に、驚きですよね。


このような問題を防ぐために、
幅が広く、きれいなU字型で、安定した歯列』がとても重要なのです。


そのためアイル矯正歯科では、
開業当初からこのような事を考慮した治療を行っております。
歯列の形態修正や、舌の筋肉のトレーニングを重点的に行っております。

もしも歯並びを鏡で見て、歯列(歯並び)が細かったり、
ガタガタがたくさん見られる場合には、
歯列の不正が起きている証拠ですので、矯正治療が必要と考えられます。
お気を付けくださいませ。


高瀬先生、とても楽しく、勉強になるご講演、ありがとうございました(^O^)



講師の高瀬直樹先生とアイルのスタッフ一同で記念撮影。2019年3月15日

明けましておめでとうございます。

皆さま、明けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願いいたします!

今年は平成最後のお正月ですね。
今年は年号が変わる、歴史的な年です。
人生の中で数回しか経験出来ない出来事ですし、
新しい年号がどのような名称になるのか、楽しみです。


さて、年末年始の連休は、いろいろと考えます。
主には昨年の反省、今年の目標などです。

昨年は例年よりも患者様に喜んでいただけるよう、
治療技術の向上や設備の充実など、様々な事に取り組んでまいりました。

その結果、たくさんの患者様から「ここで治療したい!」
と言っていただけたり、
治療が終わった患者様から「やっぱりここでやって良かった!」
と言っていただける事がいっぱいありました。

医療人として、これほど嬉しい言葉はありません。
こういった言葉をいただくたびに、本当に矯正医になって良かったと感じます。

そして、これらのお言葉は僕だけが褒められているのではありません。
もしも僕への信頼が高くても、スタッフの信頼が低ければ、
このようなお言葉をいただくことは出来ないでしょう。
僕だけでなくスタッフ全員が、いつも頑張っていることでいただけたんだなと、
胸が熱くなります。

褒めてくださった患者様にも感謝していますが、
このような結果を導いてくれたスタッフに、心より感謝しています。


今年は診療日が変わるなど、アイルにとっては大きな変化のある年になります。
変化とともに、患者様とスタッフの満足度を向上させられるよう、
精進してまいります。

「医療はチームプレー」ですので、
さらに最高のチームを築いていけるよう、
スタッフ一丸となり、今年も頑張ります!!
楽しみにしていてください!! p(^O^)q
 2019年1月3日

インビザラインフォーラム2018 at 虎ノ門ヒルズ

皆さま、お元気ですか?

ここのところ台風や地震と、日本中で災害が起きています。
被害に合われた方や関係者の方々に、
一日も早く平穏な日々が訪れる事を願っております。


さて、今日は東京に行ってきました。
今回はインビザラインフォーラムに参加です。

まずはセミナー会場の入り口で記念撮影(笑)。






いよいよ始まりました。
まずはガリーノ先生のご講演です。
イタリアから来日してくださいました。



海外の先生は着目点が面白いです。
臨床的な話だけではなく、患者様を年代別に分けて、
それぞれどのような特徴があるのかの分析結果もお話ししてくださいました。



こちらは土岐先生。
三重県の先生です。
10代の患者様の治療に詳しい先生です。



今では10代だけでなく、もっと若い6歳頃から積極的に治療を行ってみえます。
僕は以前に土岐先生の少人数の勉強会に参加していて、
僕のインビザラインの師匠のお一人です。


今回はたくさんの先生が講演してくださいましたが、
講演に集中しすぎて、他の先生の写真を撮り忘れてしまいました(^_^;)



ちなみに今までインビザラインは永久歯列の患者様のみに適応でした。

しかし今回、待望の「インビザラインファースト」という新たな製品が登場しました。
以前から噂されていましたが、いずれ正式に日本でもリリースされます。

これにより6~7歳頃の混合歯列期の患者様にもインビザラインを使用していただけます。


今回のフォーラムは、このファーストについて、より深く学ぶための勉強会でした。

しかしこのファーストは、今のところはまだ一般に流通していません。
一般的な先生方への開放の時期は、まだ未定です。
そのため、まだ注文することができないのです。

残念ですよね。。。


でも、ご安心ください。
現段階では日本中で33名のドクターにだけ、
このファーストを使用する権利が与えられています。

そう、実は僕もそのうちの一人なのです!!(≧∇≦)

お子様の歯並びをインビザラインで治したいという、
最先端の治療をご希望のお父さまお母さま、どうぞ遠慮なくお問い合わせください。



ちなみに今回、ロビーに新しいパネルが掲示されていました。
この「笑顔に自信、あなた本来の輝きを。」という言葉に魅かれました。




僕がいつも思っていることは、
患者様に素敵な笑顔を手に入れていただくことで、
自信を持って人生を謳歌していただきたい。
充実した毎日(人生)により、患者様がさらに笑顔になっていただければ、
笑顔のスパイラルが生まれます。

患者様だけでなく、スタッフや取引先の方、
僕にかかわるすべての人に笑顔になって欲しいという思いを込めて、
当院の正式名称は「医療法人えがお アイル矯正歯科」なんです。


今日は朝の10時から夕方5時まで、みっちり勉強してきました。
インビザラインはとても奥深く、面白いです。

これからも患者様に快適で高度な治療をご提供できるよう、頑張ります!!(^O^)
 2018年9月9日

学会と大学の実習に行ってきました

皆さま、こんにちは。

ここの所、毎日暑い日が続いていますね。

気温がぐんぐんと上がっていますので、外出の際には熱中症にならないよう、お気を付けくださいませ。



さて、7月1日は岐阜で行われた学会に参加してきました。
「近畿東海矯正歯科学会」です。

名前の通り、ほとんどの会員は岐阜や愛知といった中部圏と、大阪など近畿地方の先生方が占めています。
ただ、もちろん他の地域の方は入会できないというわけではありませんので、
関東等から参加される先生もいらっしゃいます。


今回の大会長は岐阜にある朝日大学口腔構造機能発育学講座歯科矯正学分野の、北井教授です。
講座名、本当に長いですよね(笑)。
どこの大学でも、過去にあった講座の統合などで、名前が長いところが多いです。
北井教授は僕が大学で矯正医として勉強をしている時に、お世話になった先生です。
朝日大学のご案内↓
朝日大学


今回の大会では、メインとして3つの講演がありました。





講演では上顎前突(いわゆる出っ歯)の治療に関するものです。
よく「受け口に比べたら、出っ歯の方がマシ」と、思っていらっしゃる患者様が多いのですが、
出っ歯も受け口も、どちらも問題です(笑)。

特に出っ歯の治療は、症例によってはとても難しいです。
あまりにも出っ歯のひどい症例では、手術を行って、顎の位置そのものを移動させることもあります。
(もちろん、受け口でも行いますが。)

当院でも年間何症例も、手術を行います。
なかなか大変な治療です。

今回はその上顎前突の治療についてのトピックスをたくさん知ることが出来ました。




そして、7月12日には朝日大学口腔構造機能発育学講座歯科矯正学分野の実習に行ってきました。
・・・長いので、矯正科とさせていただきます(笑)

歯学部は卒業に6年間かかります。
6年間のうち、4年生になると矯正の授業がはじまります。
その4年生の矯正科の実習講義に行ってきました。





この矯正科の実習では矯正の装置を作ります。
まずは見本で作り方のデモを行います。
学生の皆さん、一生懸命に見てくれます。
そして、いざやってもらうと・・・出来ないんですよね~(笑)。

僕たちが簡単にできる事でも、学生にとってはとっても難しいんです。
そりゃあ、矯正歴18年の僕と、初めて実習で矯正の装置を作る学生とでは、雲泥の差です。
ですが、、、、、僕、学生の時から出来てたんです(笑)。
もちろん、今の自分から見れば、下手だったと思いますが、先生方には器用やな~と、褒められました。
で、うまく出来ない学生の手伝いもさせられました(笑)。

僕も毎年、実習に行っていますので感じるのですが、時々、とても器用な学生がいます。
そういう学生には、「君は矯正に向いているから、その道もいいんじゃない?」と、話しかけています。

実は僕もこの4年生の実習の時に、矯正医になろうと思いました。
矯正に向いているかどうか、やはり一人ひとり、センスというものがあります。
センスのある学生にはぜひ矯正の道に進んでほしいと思います。


今は人生100年時代と言われます。
寿命が長くなっている分、QOLがもっと大切になってくると思います。
矯正治療は、QOLを高めるために、とても重要な治療です。

優秀な後輩がたくさん産まれて、日本の矯正歯科を盛り上げていってほしいと願っています。
今回教えた学生たちも、そうなってくれますように(^_^)
 2018年7月15日

2018年 アンチエイジング歯科学会 in グランフロント大阪

皆さまこんにちは。

5月27日に、アンチエイジング歯科学会に参加してきました。




「アンチエイジング」を直訳すると、「抗加齢」という意味になりますが、
現実的には加齢を止めることは出来ません。

そのため抗うのではなく、むしろそれを前向きに受け入れて、
「ウェルエイジング、ヘルシーエイジング、ハッピーエイジング、
ワンダフルエイジング」と、とらえて、
ハッピーに人生を謳歌してみてはいかがでしょうか。


日本アンチエイジング歯科学会の掲げる目標は
①容姿管理(美しい歯と笑顔でいつまでも若さを保つ)
②生活管理(自分の歯で一生噛む、おいしく食べる)
③寿命管理(健康で長生きをする)
です。

僕もこの考え方にはとても賛同しています。

そして、このような楽しい人生を過ごしていただくためには、
矯正治療は欠かすことのできないものだと思います。

次の写真を見てください。



左が矯正治療前、右が矯正治療後です。
どちらが若く見えますか?
右ですよね。

歯並びが悪いと、年齢よりも老けて見えることが多いです。
逆に、歯並びが綺麗な方は、若々しい印象を感じませんか?

このように歯並びは見た目の若さに繋がってきます。


もちろん、見た目がよければ、すべてが良いというわけではありません。

それを、わかりやすく例えたのが、次の3枚の写真です。







このスライドを見た時に、なんてわかりやすいんだ!と、思いました。
一般の方で、矯正治療の意味を理解している方は、ほとんどいらっしゃいません。
そのような方にも、家に例えることで、とても伝わるスライドだと思います。

①美しい(バランスが良い)
②使いやすい(しっかり噛めて、口腔機能が良い)
③長くもつ(長期安定性)

これらは矯正治療におけるポイントです。
このような理想的な状態を患者様に提供していくことが、
オルソドンティスト(矯正歯科医)としての使命だと、強く感じました。


今回は新しい情報も沢山手に入りましたが、
自分の存在意義というか、仕事の原点に回帰することができ、
とても有意義な学会でした。

さ、これからも皆様に快適で、優れた家(噛み合わせ)を提供できる、
立派な大工を目指して頑張ります!\(^o^)/
 2018年5月30日