マウスピース型矯正装置(インビザライン)とは

2019年2月10日

目立たないマウスピース型矯正装置
(インビザライン)

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、目立たず、取り外しができる透明な装置のことです。金属のワイヤーを使用しないので気づかれにくく、食事や歯磨き時に取り外せることによるストレスの軽減にも繋がります。また、事前に治療開始から終了までの細かいシミュレーションを行うことができますので、どのように歯が動いていくのかイメージがしやすいことも特長です。「誰にも気づかれずに歯並びをキレイにしたい」そんな方におすすめの矯正治療です。

※完成物薬機法対象外の矯正歯科装置であり、承認薬品を対象とする医薬品副作用被害救済制度の対象外となる場合があります。

装置を設計する歯科医師の経験・技術・知識により結果が変わります

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は、設計する歯科医師の経験や技術、
知識に基づく診断・判断・指示によって結果が大きく変わってきます。
歯型を取ったあと、海外にマウスピース作成を依頼するのですが、
その歯型を正確に取ることはもちろん、依頼時の指示の一つひとつが
歯科医師の経験や知識で大きく異なります。
患者様の口腔内の状態を正確に把握し総合的な判断のもとで
きちんと指示を行えるかが重要になります。

マウスピース矯正の特長
  • 矯正中も
    思いっきり笑える

  • 食事の時は
    取り外せる

  • お手入れが
    簡単

  • 治療中に
    痛みが少ない

  • 通院回数が
    少ない

  • 金属アレルギーの
    心配がない