アイル矯正歯科

岡崎市で歯並びのご相談は矯正専門医院のアイル矯正歯科へ

アイル矯正歯科

無料メール相談

春の足音がしてきました

毎日少しずつ、暖かくなってまいりました。
皆さま、お元気にお過ごしのことと存じます。

春は卒業や入学、就職など、人生の節目の季節でもあります。

そんな節目を彩ってくれる桜の開花も近づいています。


アイル矯正歯科のすぐ横にある乙川の桜です。



まだ蕾です。

今年の桜祭りは4月1日から15日まで開催されます。

岡崎市桜祭り


川沿いでは灯籠が飾られたり、少しずつ準備が進んでいます。




桜はまだまだこれからですが、菜の花が綺麗に咲いていました。




最近、乙川堤が整備され、綺麗になってきました。

綺麗になって、お散歩もしやすくなりました。


桜さん、今年も綺麗に咲いて、沢山の人を楽しませてくださいね(*⌒∇⌒*)

2017年3月23日

ありがとうございます(⌒ー⌒)

昨日は患者さまから、嬉しいサプライズプレゼントをいただきました。



手作りのチョコレートです!O(≧▽≦)O
 
img_3068.jpg


時々、子供達からバレンタインチョコをいただくのですが、一生懸命に作ってくれた姿を想像して、純粋に胸が熱くなります。


歳をとると涙もろくなるなんて言いますが、年々、そう感じる事が多くなってまいりました(笑)。


〇〇ちゃん姉妹、美味しかったよ。
ありがとう!!(*⌒∇⌒*)
 2017年2月19日

バレンタインデー

先日はバレンタインデーでしたね。

皆さまバレンタインのプレゼントをあげたり、もらったり、それぞれのバレンタインデーを過ごされたことと存じます。

今年「も」スタッフからチョコレートのプレゼントをいただきました。



みんな、毎年気を遣ってプレゼントしてくれます(笑)。

チョコレートとともに、「健康のために一度に食べ過ぎないように」との優しいお言葉もいただきましたので、
1日に2粒までと決めて、毎日、美味しくいただいております。

みんな、ありがとう!!(*^^*)



さて、当院の入っているビルですが、ただいま大規模修繕のため、全面を幕で覆われております。




こんな感じで、真っ黒です(笑)。


ビルはメンテナンス中ですが、しっかり診療を行なっております。




ちょっと入口がわかりにくくなっておりますが、こちらからお入りくださいませ。
 



少し暗くなっておりますので、足下には気をつけてお越しくださいね!(^○^)2017年2月16日

2017年、明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2017年が始まりました。

皆さま、年末年始はお休みの方が多いかと存じます。
きっと休暇を楽しんでいらっしゃることでしょう。


私は本日、初詣に行ってまいりました。



写真を撮影したタイミングは空いていましたが、沢山の参拝者が訪れていました。

今回、お祈りした事は、
①家族やスタッフ、そしてアイル矯正歯科にお越しいただいている患者様の健康
②受験生の患者様の合格
です。

欲張って、たくさんのお願いごとをすると、神様に怒られそうなので(笑)、
以上の2点に絞り込みました。

これで当院の患者様の合格は、間違いなし!!
受験生の皆さん、お祈りはしておきましたが、
気を緩めずにちゃんとお勉強はしてくださいね(笑)。


お参りの後は、寒さをしのぐためにたき火で身体を温めます。
寒いときのたき火って、本当にホッとします。



たき火を見ながら、「焼き芋作りたいな・・・」と、想像していたことは、
神様には内緒です(爆)。
 

また、帰りの参道には、たくさんの屋台が並びます。  

img_2801

帰りがけには毎年、屋台のたい焼きを買って帰ります。
実は毎年、同じ屋台で買っています。

初詣に行って、決まった屋台のたい焼きを買って帰るのが、
私が子供の頃からの、決まり事なんです。


子供の頃は、いつもおじいちゃんが買ってくれました。
アツアツのたい焼きを食べながら家族みんなで歩いて帰るのが、
とても楽しみでした。

おじいちゃんの頃からの山口家の伝統行事みたいなものです。
今はもうおじいちゃんもおばあちゃんも他界していますので、
私がこの伝統(?)を引き継いでいます。

私にとっては家族みんなで楽しかった子供の頃を思い出させてくれる、
魔法のたい焼き。

また来年も初詣して、食べよっと(*^ ^*)
 2017年1月3日

患者様の安心のために

12月15日、中日本矯正歯科医会に出席してきました。


今回は聴く方ではなく、講演を行ってきました。
テーマは「共済制度」についてです。


20161215


「共済制度って、なに?」と思われる方も多いかと思います。
これは中日本矯正歯科医会独自で作り上げた、
会員同士で有事の際に助けう制度です。

では、有事とは何か?というと、それは院長の死亡や入院です。


多くの医院では先生は一人です。
先生が入院してしまうと診療が止まってしまいます。

しかし、そのような事態が起きた時でも、
患者様の治療を放り出すわけにはいきません。
かといって、院長は治療が出来ない・・・。
そのような場合を想定し、共済制度があります。


共済制度が発動されると、応援医となる先生が診療を行ってくださいます。
それにより、患者様にご迷惑をおかけしないようにするのです。

中日本矯正歯科医会は、このように何かがおきても患者様の治療への影響を最小に抑えようという、
有志の集まりです。

「すべては患者様のために」です。


現在、私は中日本矯正歯科医会にて、この共済制度の理事をさせていただいております。

中日本矯正歯科医会のホームページはこちら
http://www.ortho.gr.jp/



ちなみに当院ではそういった場合を想定し、中日本矯正歯科医会に加入しているだけでなく、
もう一人ドクターが勤務しております。

ドクターを二人体制とすることにより、一人に何かがあっても、もう一人が診療を行いますので、
患者様にはいつも通りに治療を受けていただけます。



矯正治療は長期わたるため、他にも起こりうることがございます。
それは患者様が遠方へ転勤やお引越しになり、通院が難しくなる場合です。

当院でも、東京や沖縄へ転勤になり、通院が不可能となった患者様はいらっしゃいます。
そのような場合には転居先にて治療の継続が必要です。

この場合には、「転医」を行います。
患者様のお引越しは日本中、どこに行くことになるかわかりません。
そのため当院は「日本臨床矯正歯科医会」に加入しております。


こちらも矯正歯科医の集まりで、転居の場合に「患者様の治療を滞りなく継続していくために、助け合いましょう」という意識の高い先生の集まりです。

日本臨床矯正歯科医会は全国規模の組織のため、
日本中どこにお引越しになっても、ほとんどカバーすることが出来ます。

日本臨床矯正歯科医会のホームページはこちら
http://www.jpao.jp/



ちなみに東京から、「ここで治療してもらいたいので、月一回、東京から通いますね!」と言ってくださり、
治療している患者様もいらっしゃいます。
患者様に頼りにしていただけて、矯正歯科医になって良かったと感じています。


このように当院は、色々な事態を想定し、患者様の治療に影響が出ないように対策をしております。
通院中の患者様には安心して治療を受けていただければと存じます。

最近は矯正治療を行っている医院は数多く存在しております。
矯正治療は長期にわたりますし、基本的には一生で一度しか行わないものです。
当院は患者様にどこよりも安心して、矯正治療を受けていただける医院であり続けられるよう、頑張ります!
 2016年12月18日