アイル矯正歯科

岡崎市で歯並びのご相談は矯正専門医院のアイル矯正歯科へ

アイル矯正歯科

無料メール相談

日本臨床矯正歯科医会にて症例展示を行いました

6月7・8日は大阪に出張してきました。
日本臨床矯正歯科医会で症例展示を行うためです。



日本臨床矯正歯科医会がどんな会なのか気になった方はこちら↓
日本臨床矯正歯科医会オフィシャルページ

この日本臨床矯正歯科医会では会員の症例展示が行われます。
色々な先生の症例を見せていただくことで、
こんな症例にはこのような治療方法があるんだなんて気付いたり、
色々な事を学ぶことが出来ます。

今回は学ばせて頂くだけでなく、
色々な先生に症例を見ていただくことで、
他の先生にも僕の治療から学んでいただくことが目的です。



今回の症例は、鋏状咬合の症例です。
この患者様は奥歯が咬めないことを気にされていらっしゃいました。



左の奥歯が咬み合わず、完全にすれ違っていました。(左側の模型です)
これではまったく咬めないだけでなく、
力を入れようと噛みしめたり、踏ん張ることも出来ません。。。

そこでアンカ-スクリューを活用して、臼歯を圧下してから頬舌的に移動を行い、
鋏状咬合を治しました。

一般の方から見れば、パッと見はさほど悪くないようにみえるかもしれませんが、
矯正医から見れば、なかなかヘビーな症例です。


症例展示では質疑応答の時間もございます。
この時間には症例を見に来られた先生から、治療のコツなど、
色々な質問を受けました。
多くの先生が見てくださり、多くの質問をいただきました。
そして先生方から「いや~、すごく勉強になったよ!」とか、
「ちょうど先日、同じような患者様がみえて、
どうしようかと悩んでたところだったから助かったよ!」など、
たくさんお褒めの言葉をいただきました。

症例展示は事前の準備などもあり、なかなか大変なのですが、
色々な先生方に見ていただき、先生方の勉強になるという事は、
その先生方を通して見ず知らずの患者様ですが、その方の治療に応用され、
より多くの患者様を救う事につながると思うと、
社会の役に立てたのかなと嬉しくなり、疲れも吹っ飛びます。

これからも当院の患者様のために勉強をするのはもちろんのこと、
全国の先生方を通して、見知らぬ患者様を救うお役にたてることで、
社会貢献もしていこうとあらためて思いました。

このような良い経験をさせていただける事に、感謝感謝です(^-^)
 2017年6月9日

インビザライン ティーンの勉強に行ってきました

今日は早起きして、朝から品川に行って来ました。

今回は『Japan Invisalign Forum 2017』に参加しました。


インビザラインフォーラム2017


パンフレットの上にあるのは、同時通訳のレシーバーです。
海外の先生の講演では専門の方が同時通訳をしてくださるので、とてもありがたいです。
でも、通訳の方もたまに間違えて翻訳してたりしますので、なるべく英語から聞き取るようにしています。
念のため、念のためのレシーバーです(笑)。


さて、今日のテーマは「10代の矯正治療の未来がここに」です。
最近は当院の患者様の多くが、インビザラインを選ばれています。

大人の方だけでなく、小学校高学年や中学生、高校生でもたくさんいらっしゃいます。
なぜなら見た目が良いだけではなく、
取り外しが可能なため食事がしやすい事もありますが、
それ以上にブラッシングがしやすいため、虫歯のリスクを下げられるからです。
これはとても大きなメリットだと思います。

従来のワイヤーの矯正ですと、なかなか歯磨きが大変です。
インビザラインはそれを解決できる、唯一の方法と言えると思います。
ちなみにこのようなマウスピース型の矯正治療の事を少し詳しい方でしたら、
「インビザライン以外にもマウスピース型の矯正はあるじゃないか」と、思われる事でしょう。
確かに、最近は他のマウスピース型のシステムも増えて来ました。
ただ、ここまで実績があり結果も出せて、システムとして確立されているのはインビザラインだけです。
だから、唯一と言えると思います。


当院ではそんなインビザラインの治療を希望される患者様に、
より高い治療結果を出せるよう、口腔内スキャナーを用いております。

この口腔内スキャナーを使う事で、精度が高くフィットの良いマウスピースを作ることが出来ます。


そして、スキャナーだけではなく、治療計画を立てるクリンチェックにもこだわっています。
ここが一番大切な所です!
なぜならばあくまでもインビザラインというものは歯を動かす道具にすぎません。
それをどのように使いこなすか、そこがドクターの腕の見せどころなんです。
だから、クリンチェックは先生ごとに、作り方が違います。
そして、それが治療結果に直結するというわけです。

クリンチェックの組み立て方が難しいのでどうしてる?と、
よく色々な先生から話を聞かれるのですが、
そこは簡単にマスターできるものではありません。
とことん勉強するしかないですね。
ちなみに、もともとパソコンなどの電子機器オタクの僕には、
3Dで作るクリンチェックは性に合っていたようです。
楽しくて仕方がありません(笑)。


インビザライン ティーン


さあ、今回もしっかりと勉強したので、また明日からの臨床に役立てていきます!o(^o^)o
 2017年5月28日

歯科衛生士って、素晴らしい!

早いもので4月ももう終わりですね。

新入学生や新学年、新社会人の方々も少しずつ新たな環境に慣れ始めたのではないでしょうか。
まだまだ新年度は始まったばかりですので、頑張ってくださいね!


さて、この4月から当院にも新卒の歯科衛生士が入社しました。

この新人スタッフはもともと当院の患者様として通院してくださっていました。
当院に通院している時に、当院の歯科衛生士の姿を見て、
こんな人になりたい!と、歯科衛生士を目指そうと思ってくれたそうです。

この話を聞いて、僕はとても嬉しかったです。


実は歯科衛生士のお仕事は、とても素晴らしい職業です。

基本的に人は食事をとることで、栄養を得ています。
その栄養を効率よく摂取するために、食物を噛むための歯はとても大切なものです。
その歯を虫歯や歯周病から守る事が、歯科衛生士の主な役割です。

虫歯や歯周病を防ぐには、メンテナンスが重要ですし、
最近はその重要性が多くの方に認知されてきたため、
定期的に歯科医院に通われている方が増えてきています。

ただ、いくら歯科医院に通っているからと言っても、
虫歯や歯周病にならないわけではありません。
それはなぜかと言えば、歯並びや噛み合わせも関与しているからです。

歯並びが悪ければ、当然磨き残しができやすく、虫歯や歯周病になりやすいです。
そして噛み合わせが悪いと、歯にかかる負担が大きく、
その負担によって歯周病になりやすいのです。


現代人は昔と違い、食生活の変化によって歯並びが悪い方が増えてきています。
歯並びの悪さも、現代病の一種と言えるのではないでしょうか。

そのため根本的にメンテナンスによって歯のトラブルを防ぐためには、
歯並び・噛み合わせの改善が不可欠なのです。


当院は矯正歯科専門の医院です。
そこで働く当院の衛生士は、矯正治療に精通しています。
患者様の健康を支える、その根源に携わっています。

それだけ重要な仕事ですので、大変な事も多いです。
患者様には見えないところで勉強やトレーニングをおこない、
患者様に提供する技術の向上をはかっています。

毎日、臨床以外にもやらなければならないことが多く、とても忙しいです。
でも、それは「やりがいの大きさ」でもあります。


昔から「若い時の苦労は買ってでもせよ」と言われます。
僕は若い人に限らず、何歳でも当てはまる話だと考えていますが、
人間力を磨くためには苦労は必要だと思っています。


このように歯科衛生士というのは大変ですが、
やりがいの大きい仕事であり、素晴らしいものだと僕は考えています。

あなたも人間力の高い人になることを目指して、
歯科医療に携わる道を考えてみませんか?
 2017年4月30日

春の足音がしてきました

毎日少しずつ、暖かくなってまいりました。
皆さま、お元気にお過ごしのことと存じます。

春は卒業や入学、就職など、人生の節目の季節でもあります。

そんな節目を彩ってくれる桜の開花も近づいています。


アイル矯正歯科のすぐ横にある乙川の桜です。



まだ蕾です。

今年の桜祭りは4月1日から15日まで開催されます。

岡崎市桜祭り


川沿いでは灯籠が飾られたり、少しずつ準備が進んでいます。




桜はまだまだこれからですが、菜の花が綺麗に咲いていました。




最近、乙川堤が整備され、綺麗になってきました。

綺麗になって、お散歩もしやすくなりました。


桜さん、今年も綺麗に咲いて、沢山の人を楽しませてくださいね(*⌒∇⌒*)

2017年3月23日

ありがとうございます(⌒ー⌒)

昨日は患者さまから、嬉しいサプライズプレゼントをいただきました。



手作りのチョコレートです!O(≧▽≦)O
 
img_3068.jpg


時々、子供達からバレンタインチョコをいただくのですが、一生懸命に作ってくれた姿を想像して、純粋に胸が熱くなります。


歳をとると涙もろくなるなんて言いますが、年々、そう感じる事が多くなってまいりました(笑)。


〇〇ちゃん姉妹、美味しかったよ。
ありがとう!!(*⌒∇⌒*)
 2017年2月19日