STAFF BLOGスタッフブログ

ジブリの立体建造物展望 ☆アシスタント 伊奈☆

2016年9月9日
こんにちは。
アシスタント 伊奈です。

9月に入り、台風がたくさん来ていて天気の悪い日が続いていますね。
私は気圧が下がると頭痛や肩凝りが酷くなるので、少し憂鬱です。

さて、台風の影響で大荒れだった昨日、午後からはお天気も落ち着いてきたので、豊田市美術館で開催されているジブリの立体建造物展へ行ってきました!


↑豊田市美術館はテレビドラマのロケ地にもなった場所です。


↑平日のしかもこんなお天気だというのに、結構な人が来ていました。

今回の展示は、ジブリ作品の建物にスポットを当てたもので、会場に入るとまず目の前に広がるのが、実寸サイズに再現された『千と千尋の神隠し』の世界です。

写真で載せられないのが残念ですが、千尋のお父さんとお母さんがブタに変わってしまったあの屋台が再現されていました。

思わず、テンションが上がってしまいます。

他にも『ハウルの動く城』でソフィーが帽子を作っていた作業部屋や、『耳をすませば』の地球屋などが実寸サイズで再現されていました。

その他には各作品の設定画だったりセル画などが展示されていて、その緻密に書き込まれた絵の数々にみんなじっくりと見いっていました。

どれも見ごたえのあるものばかりなのですが、一番よかったのは、これまた『千と千尋の神隠し』に出てくるお風呂屋さん、油屋の再現模型です。

360度の角度から見られるので、表側の細かくて趣のある造りや裏側がどうなっているのかなど、まじまじと見てしまいます。

休日はかなり混むようですが、今月の25日まで行われており、行って損はないと思うので、ぜひ行ってみてください!

次は三鷹の森のジブリ美術館に行きたくなったアシスタントの伊奈でした~